睡眠と抜け毛の関係

女性用人気No1

睡眠と抜け毛の関係

抜け毛 睡眠

 

抜け毛防止の為に重要なのが、しっかりと睡眠を摂るということです。

 

抜け毛が増える原因には睡眠不足もあるといわれています。

 

睡眠時間が足りない、徹夜が続いている、睡眠時間が不規則等の人は、髪の毛に悪い影響を与えているのです。

 

なぜ、睡眠が髪の毛に影響を与えているのでしょうか。

 

睡眠をしっかりととらないと、体はどんどん疲れていきます。
体が疲れると、当然体のさまざまな機能が低下していきますよね。

 

頭痛がしたり、疲れやすくなったり、疲れが取れなくなるでしょう。

 

しかし、一番最初に来る体への変化が、髪の毛の成長の停止なのです。

 

髪の毛の成長は、体のさまざまな働きの中で優先度が低い部分です。

 

そのため体が疲れていると、どうしても髪の毛の成長からストップしてしまいます。

 

胃腸を動かしたり、心臓を動かしたり、血液を巡らせるよりも、髪の毛が伸びない方が体への影響は少ないですよね。

 

そのため、睡眠不足になると髪の毛の成長が後回しになり、どんどん薄毛が進行してしまうのです。

 

 

また、睡眠中はタンパク質を合成したりホルモンを分泌したりとさまざまな成長が促進される時間帯です。

 

夜にしっかりと眠らなければ、体の成長を十分に行うことができなくなってしまい、当然栄養素を吸収しきれずに、成長途中段階で抜け落ちてしまいます。

 

そのため、薄毛が気になるという人は、まず、睡眠不足の改善から行わなければいけません。

 

 

また、髪の毛の為に睡眠を摂るときは、睡眠の量だけではなく睡眠の質も考えて摂取をすることが重要です。

 

たとえ10時間眠ったとしても、朝の6時から夕方の16時まで眠っていては質の良い睡眠とはいえないでしょう。

 

睡眠時間は7時間前後が適正だといわれています。
あまりに長すぎても、短すぎてもいけません。

 

質の良い睡眠を得るためには、睡眠前にリラックスをするようにしましょう。
ストレスや疲れを溜めずに、落ち着いた気持ちで眠ることで、質の良い睡眠を得ることができます。

 

また、アルコールを飲むとよく眠れるという人もいるかもしれませんが、お酒を飲むと眠りが浅くなるのでおすすめできません。

 

出来れば自然に眠るように心掛けて下さい。

 

睡眠時間がばらついていては落ち着いて休息を取ることができないでしょう。

 

若干ずれても良いですが、毎日だいたいこの位の時間に眠ってこの位の時間に起きる、と定めておけば、規則正しく睡眠を摂ることができます。

 

また、夜22時から深夜2時の間は成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯なので、出来るだけ眠っている様にしましょう。

睡眠時に抜け毛が多いのはなぜ?

朝起きて枕を見ると大量の抜け毛が…!

 

薄毛が気になる人にとって、まくらに溜まった抜け毛はとても恐ろしいものでしょう。

 

睡眠中の抜け毛はどうしたら改善できるのかと悩んでいる方も多いでしょう。

 

しかし、ある程度の抜け毛は、仕方がないものなのです。

 

人は日常生活のさまざまな場面で髪の毛がどんどん抜けていきます。

 

部屋に髪の毛が一つも落ちていないという人はいないでしょうし、シャンプーをしたり、ドライヤーを使ったり、髪の毛に何かしらの負荷をかけるとどうしても数本抜けてしまうでしょう。

 

これは、髪の毛に負担がかかっているせいではなく、髪の毛の寿命が来ただけなので問題はありません。

 

また、まくらや布団に抜け毛が落ちているのも自然な現象です。

 

薄毛が気になる人は枕にたくさんの髪の毛が付いていると抜け毛が悪化したのでは、と思うかもしれませんが、実は50本から100本程度の抜け毛であればなんら普通の自然現象だといわれています。

 

人の抜け毛の平均値は、一日72本程だそうです。

 

人にもよりますが、100本程度であれば問題ない普通の抜け毛の量でしょう。

 

睡眠中に抜け毛が多いと思っている人もいるかもしれませんが、特別多い訳ではありません。


おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング