シャンプー時のお湯の適温

抜け毛に良いシャンプー時のお湯の適温

 

髪の毛を洗うときに重要なのが、お湯の温度です。
お湯は暖かい方が気持ちが良い、洗っている様な気がすると感じる方も多いでしょう。

 

しかし、適温は

 

38度

 

です。

 

何も気にせず洗っている人は、これよりも少し高い温度なのではないでしょうか。
1度2度程度なら変わらないと思っている人もいるかも知れませんが、1度程度でも体感温度は随分変わる物です。

 

自分の体温として考えるればわかりやすいですよね。
36度と37度では体感温度が全く違います。

 

シャンプー お湯の温度 38度

 

熱いお湯で洗うと、確かに汚れをしっかりと落としてくれるでしょう。
気持も良いですし、特に冬場は体を温めることが出来ます。
しかし、熱過ぎるお湯で洗うと頭皮の必要な油分まで落としてしまう可能性があるのです。

 

また、必要以上に落とされてしまった油分を補うために、体が油分を排出して更に体がべたつきやすい状態となってしまうのです。

 

暖か過ぎるお湯で洗うと、頭皮がべたつきやすくなります。
38度は肌に近い温度であり、冷たすぎず熱すぎず、髪の毛には適温と言う訳です。

 

髪の毛の為にも、シャンプーの温度は38度くらいに設定をしましょう。
最初は泡立ちが悪いと感じるかもしれませんが、しっかりと泡立てればきちんと洗う事が出来るでしょう。

 

 

夏は水でも?

 

普通はお風呂に入って髪を洗って体を洗って・・という順番になると思います。

 

夏シャワー

 

シャンプーで髪を洗うのが体のあとになると、せっかく体を洗ったのに、シャンプーが体に付いてしまうからです。
ですから、シャンプーはお湯で洗うものというのが基本となっているのですが、夏場は浴槽に入ることもなく、シャワーで済ませることが多い季節です。

 

とりわけ、最近の夏は暑いですから、よく汗をかきます。
そうなると髪も頻繁に洗いたくなるものですが、髪の洗いすぎは皮脂の過剰分泌を促してしまうので、髪の汚れを落とすにはいいかもしれませんが、頭皮には悪影響を及ぼしてしまいます。

 

夏場などは、出掛ける前に朝シャンをする人も少なくないでしょう。
そのときに水でささっと洗いたいのですが、これは特に問題がないようです。お湯に比べて泡立ちにくいという欠点はありますが、それについて洗浄力が極端に劣るということはないからです。

 

むしろ、洗浄力が落ちたくらいのほうが昨今のシャンプーはパワーアップしているので、それを弱めるくらいのほうがちょうどいいと言えます。
また、泡立ちが少ないと気になる人は、水でも泡立ちがよくなる。アミノ酸系シリコンシャンプーがいいでしょう。

 

おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング