頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの原因

 

頭のかゆみ

 

頭皮の痒みの原因は、いろいろあります。

 

特に多いのが、間違ったシャンプーの方法ではないでしょうか。
シャンプーは正しく洗わなければ、頭皮に負担をかけてしまうのです。

 

たとえば、熱過ぎるお湯でのシャンプーです。
髪の毛を洗い流す時、熱いお湯の方が頭皮の油分を落とせている様な気がするでしょう。

 

しかし、熱過ぎるお湯は必要な油分まで落としてしまう可能性があるのです。
特に、40度以上のお湯で流していると、頭皮が軽いやけど状態になってしまい、痒みが生じる可能性があります。

 

シャンプーを洗い流す適温は、38度といわれています。
熱すぎるお湯で洗い流さないようにしましょう。

 

 

シャンプーをそのまま頭皮に付けるのもいけません。
シャンプーを付けるとき、頭皮にそのままつけていませんか。
原液のまま髪の毛に付けると、毛穴の奥にまでシャンプーが入り込み、お湯では洗い流せない状態になってしまいます。

 

正しい抜け毛シャンプーの方法

シャンプーは、まず手で泡立ててからつけるようにしましょう。

 

爪を立てたり、すすぎが不十分でもいけません。
爪を立てると気持ち良い、痒みが取れると感じるかもしれませんが、頭皮に負担が生じてしまうでしょう。

 

すすぎが不十分だと、頭皮にシャンプーが残ってしまいます。

 

正しい洗い方を心掛けて下さい。

 

 

頭皮のかゆみを抑えるには低刺激シャンプー

 

頭皮の痒みが酷いという人は、低刺激シャンプーを使って見てはいかがでしょうか。

 

低刺激シャンプーは、天然成分を使っていたり、無添加素材の髪の毛に優しいシャンプーとなっています。

 

最近は低刺激シャンプーが増えているので、自分にあった低刺激シャンプーを見つけやすいでしょう。

 

シャンプーにはさまざまな種類があります。
たとえば、薄毛が気になる人や頭皮の痒みが気になる人は、スカルプ系のシャンプーを選ぶことが多いでしょう。

 

しかし、スカルプ系のシャンプーは、頭皮の油分をしっかりと洗い流すことができるシャンプーです。
もし、頭皮の乾燥が原因で痒みが生じている人が使ってしまうと、頭皮に更に負担がかかり、乾燥も助長してしまう可能性があります。

 

低刺激シャンプーであれば、刺激も少なく、髪の毛に負担をかけることなく洗い上げることができるでしょう。

 

低刺激シャンプーにはいくつか種類がありますが、石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプー、馬油系シャンプーが主流となっています。

 

自分に必要な成分は何なのか、どんな成分が髪の毛に優しくて髪の毛に負担が掛かっているのか等を考えながらシャンプーを選べば、頭皮の痒みも抑えることができるのではないでしょうか。

 

 

かゆみが嫌なにおいを引き起こす原因に

 

頭皮の痒みは薄毛を助長するだけではありません。
頭皮の痒みが原因で、頭皮の臭いが悪化してしまう可能性があるのです。

 

頭皮の痒みの原因はいくつかあります。
しかし、多いのがシャンプーの洗い残しでしょう。

 

シャンプーが頭皮に残った状態だと、毛根をシャンプーが塞いでしまいます。
シャンプーはしっかりとすすぐようにしましょう。

 

頭皮が乾燥していても、痒みが生じてしまいます。
痒みが生じるとフケが出やすい状態となり、そこでも匂いが発生してしまうと言われているのです。

 

他にも、シャンプー後髪の毛を乾かさなかったことが原因で痒みと匂いが生じる可能性もあるでしょう。

 

髪の毛を乾かさないと、頭皮に雑菌がたまってしまいます。
乾かさない状態で眠ると、まくらに雑菌が付き、どんどん繁殖しやすい状態となってしまうでしょう。

 

雑菌も匂いの原因となるのです。

 

頭皮の油分が多過ぎても匂いは生じます。

 

この様に、痒みと匂いは同時に起こりやすい減少ですし、どちらかを改善すればどちらかも改善しやすいといえます。

 

髪の毛の健康の為にも、正しいヘアケアを心がけるようにしましょう。

 

自分にあったシャンプーできちんとヘアケアを行えば、頭皮の痒みも匂いも軽減できるのではないでしょうか。

 

おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング