抜け毛とフケの関係

抜け毛とフケの関係

 

誰にでもフケはあるもので、いらなくなった古い頭皮が剥がれ落ちただけなので、気にならない程度ならば全く心配することはありません。

 

しかし、中には抜け毛につながる危険なフケがあり、それを見分けることで自分のフケは抜け毛の前兆なのかそうでないのかが分かるのです。

 

 

フケには二種類あり、簡単に言うと乾いているか湿っているかなのです。

 

 

若い人に多いのが乾いたフケなのですが、これは先ほど説明したようないらない頭皮で、乾燥が激しいとフケが多くなる傾向にあります。

 

あまりにもフケが多いと感じた場合は、外に出るときは帽子をかぶったり、ドライヤーの時間を短くするなど頭皮の水分量に配慮しましょう。

 

 

年配の人に多いのが湿ったフケで抜け毛が関係している場合が多いため、早めに対処した方が良いようです。

 

この湿りは脂で、加齢が原因になることが多いのですが、他にも過剰な頭皮ケアや合わないシャンプーを使うことによって皮脂分泌が過剰になることで起こる場合もあります。

 

 

脂漏性のフケは脂漏性脱毛症へと進行する場合があり、過剰な皮脂が毛穴に詰まり十分な栄養が行きわたらなくなってしまい、髪の毛が抜けてしまうのです。

 

そうならないためには、INZEALシャンプーのような頭皮の健康についてしっかり考えられたものを選ぶと効果的です。

 

こちらから=INZEALシャンプー

 

市販シャンプーはフケの原因になる場合が・・

 

フケが出やすい体質というのがあるようです。それを回避するために市販シャンプーを利用してフケがでるのを止めたいのですが、逆に市販のシャンプーを利用することでフケが出やすくなることもあるようです。

 

フケは語呂合わせではないですが、不潔の代名詞とされています。
そのフケにも2種類あって、乾燥が原因のもので乾燥フケと呼ばれているものと、皮脂の脂肪分からなる脂性フケがあります。

 

フケの成分は頭皮からでる皮脂が成分ですから、頭を軽くかいてみて、フケが出るようでしたらフケ性と考えていいでしょう。
しかし、体質的な面もさることながら、シャンプーが原因でフケが出ることがあります。

 

通常はフケを止めるためのシャンプーなのですが、シャンプーによってフケを助長させてしまうのです。
育毛シャンプーとして名高いものは洗浄力が高く、乾燥フケや脂性フケの両方に悪影響が出ます。

 

というのも皮脂を取り除いて頭皮をきれいにすることで、育毛を促すというものなのですが、皮脂を取り除いてしまうと、さらに皮脂を出そうと分泌機能が増してしまうのです。

 

このように、シャンプーによってはフケの原因となることがあるので注意したいところですね。

 

フケがひどい時の対策

 

フケに悩まされている人は多いです。これは体質的なものもあるでしょう。一方で、フケがまったく出ないという人もいるからです。
もっとも、フケがまったくでないという人はいないようです。ですから、フケは出てもそれに悩まされている人もいれば、ひょっとしてフケが出ても気にしないという人もいます。

 

体質の問題以前にフケがある日突然大量に出始めたという人もいます。これは、体質というよりも体調的な問題があるでしょう。
フケは皮脂のなれの果てです。
ですから、頭皮などから皮脂が出ている以上、フケというのは発生するのです。

 

フケの原因が皮脂ということから、さらに頭皮を洗えばフケを防げると解釈する人がいます。
しかし、これは間違いで頭皮をきれいにすればするほど、反対に皮脂を分泌するのでフケを少なく使用と考えるのならばこれは逆効果と言えるでしょう。
洗浄力の強いシャンプーならそのような懸念もありますから、シャンプーを軽めのものに変えてみるという選択肢もあります。抜け毛が気になっている人には苦渋の選択かもしれませんが、頭皮の洗浄が皮脂の分泌を地助長しているのでしたら、シャンプーを変えるのは抜け毛予防にも効果があるかもしれませn。

 

それ以外で大量のフケを止めたいのでしたら、最後は医師の診断を仰ぐようにしたらいいでしょう。

 

 

おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング